より生活に身近なものとなっています

GPS

安全神話というものが崩壊しつつある現代社会の中において、いかに自分や家族等の身を自分で守れるかという事が喫緊の課題となっています。その自衛の手段の中で私たちに身近なものになりつつあるのが、gps追跡という存在です。車等に装着して使用するシステムから、子どもの安全を守るような携帯アプリ等様々な媒体でgpsは使用出来るようになりました。そんなgps追跡は、現在色々な用途で使用が進んでいます。その代表的な使い方が、企業における社用車の管理です。単に社用車が今どこにいるかという管理だけでなく、人によりどういう運転の特徴があるのか、社員ごとの地域の交通事情の理解度等を測る意味で導入している企業も少なくありません。また、個人利用のgps追跡アプリは、スマートフォン紛失時の捜索に活用出来ます。自宅のパソコン等、別の端末から捜索出来るので、保険的な意味でアプリをダウンロードしている人も少なくありません。いざという時のためという意味では、災害時に家族の安否を確認するために使うという例もあります。その他、待ち合わせ場所を見つけられない相手の誘導にgpsを利用して的確に案内したりと、色々な活用法が考えられるのがこのシステム等の特徴と言えます。

実際どう行動を把握するのか等を知ろう

カーナビ

様々な用途で使われるgps追跡システムですが、実際どのようにして行動を把握するのでしょうか。まず、地球の上空に打ち上げられている24機のgps衛星から送られる現在位置と時刻の電波を受信します。その受信速度から衛星と自身の持つ端末との距離を測定し、現在位置を把握するというメカニズムになります。以前は気になるレベルの誤差がある場合がありましたが、2018年には日本製の衛星による4機体制での運用が可能になり、誤差の幅は小さくなりました。そうした体制が整った事により、いわゆる大企業と呼ばれる会社以外でも、ある程度の精度が確保されたgps追跡サービスが開発出来るようになり、一般個人レベルにも広く普及するようになりました。そんなgps追跡の精度をより上げたい、そう思った時にまずすべき事は、スマートフォン等のwifi機能をオンにするという事です。スマートフォンではgpsやモバイルネットワーク等の情報は、wifi情報等と集めて測定されています。次に、端末の時刻情報をなるべく正確にしておく事です。先述の通り、時刻情報という要素も精度に大きく影響してくるので、これを電波時計等で正しく合わせる事により、正確さがさらに増します。

広告募集中